いつかきっと...

高校に入学して間もなく不登校になった息子
過敏性の症状が更に酷くなり、学校への違和感が増していき、とうとう単位を落とした
頭でっかちで口では大層なことを言うならば、世に出てごらん!
働く、ってことを知ってもらうべく、12月からアルバイトをすることになりました
”働くこと”と”カウンセリング”の様子をハハの備忘録として残します

診療:北風と太陽

**イラストは「赤ずきんちゃんの散・歩・道」さんより


先日の木曜日、診療を受けてきた。
いつも一緒に受けていたのだが、今回は別々を希望し、
私の話を聞いてもらい、そして息子の診療となった。


前回の診療をキャンセルした経緯から、今の状況までをザッと話す。
16歳頃の男の子の複雑な心理状況をよく理解してくれている先生。


息子は、元々何でもベラベラとお喋りする性格では無い。
どちらかと言うと、黙って自分の中で処理するタイプ。
思うに、順序だてて理解しようとしたいのに、それが出来ないもどかしさ、
で苦しんでいるのではないかと思う。
理詰めで物事を考えていく思考タイプなので、もっとガス抜きできればいいのに、
と思うのは私の勝手な思いであって、彼の性格がそれを許さないのだろう。


先生曰く、「”北風と太陽”なんですよね。
周りが、どんなに普通に接していても、どんなに明るく振舞っても、
今の彼には全てが北風で、どんどん上着を羽織ってしまう」と。


期熟を待つしかないのかな~」と......



私は今、普通に接している。(つもり)
学校が休みの日のように、茶碗洗いを頼んだり、炊飯を頼んだり、掃除機掛けを頼む。
彼にとって、どんなにハハが太陽のつもりでも、学校へ行かない罪悪感は拭えないはず。
ならば、少しでも家のことを手伝うことで(役に立つことで)紛れないかと。
だから、かならず「助かったよ。ありがとう」と言葉を掛けるようにしている。


まだまだ、青くてガチガチな彼の実は、熟す日がくるのだろうか.....




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。