いつかきっと...

高校に入学して間もなく不登校になった息子
過敏性の症状が更に酷くなり、学校への違和感が増していき、とうとう単位を落とした
頭でっかちで口では大層なことを言うならば、世に出てごらん!
働く、ってことを知ってもらうべく、12月からアルバイトをすることになりました
”働くこと”と”カウンセリング”の様子をハハの備忘録として残します

初バイト料、下ろしてみました

   

昨日、仕事が早く上がりの日だったので、
息子と銀行で待ち合わせをしてATMの使い方を教えました。


今月はまだわずかしか貰えませんが、
アルバイトを始めたことにより、お小遣いの支給を辞めます。
更に、スマホ代、珠算塾代もお願いします。


こうやって活字にしてしまうと厳しく聞こえるかもしれませんが、
これは日々の息子の態度、行動を考慮してのことで、
自分の選んだ道の、『責任』と『厳しさ』を知ってもらいたいが為です。

病院の先生にも、アルバイトが決まったこと、働くことをたくさん褒めて頂き、
「とにかく、多少辛くてもまずは続けること。
 そして、お母さんを助けることだぞ」と。


先生の言っている、この ”助ける” は金銭的なことでは無いのは重々承知。
それは、息子もよくわかっているはず。


まずは、初めてのお給料ですからね。
今月は好きに使って頂きましょう。


でもね、先日のドカ雪でバスのダイヤは乱れまくり。
しばらくは街へ出られません。( ̄_ ̄ i)





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。