いつかきっと...

高校に入学して間もなく不登校になった息子
過敏性の症状が更に酷くなり、学校への違和感が増していき、とうとう単位を落とした
頭でっかちで口では大層なことを言うならば、世に出てごらん!
働く、ってことを知ってもらうべく、12月からアルバイトをすることになりました
”働くこと”と”カウンセリング”の様子をハハの備忘録として残します

週末って気が楽

仕事の関係で、子供たちの登校より早くに出勤する私。
本来、ハハとしては、子供たちを送り出した後出勤したいものですが、
職場の現状的にそれが厳しく、まだ布団に入っている子供たちに声を掛け、
後ろ髪引かれる思いで出勤する日々。


不登校の息子には、「今日はどうなんだろう?」
娘には、「ちゃんと起きて行けるだろうか?」
そんなモヤモヤした気持ちで出勤するのも大きなストレスの一つ。


でも、週末って、”なんとか起こさなければならない”ってのが無い。
まぁ、娘は体育会系の部活なので週末も早くから活動はあるが、
それでも起こせばそれなりに起きてくるのでストレスは無い。


問題は、”問題な息子”でしてねー。(^_^;)



起立性調節障害、過敏性腸症候群、スクールカウンセラー、
精神保健課(俗に言う、心療内科)、その他諸々......
少しずつ書きたいな、とは思っているのですが、
メンタル的に重い話って、気分が上がっていないと書けない。


巷では三連休ですが、飲食店に勤めている身としては激務の連勤。
今は、この場所を見付けたので、思っていることを吐く作業をしたいです。


不登校なことも、進級できないかもしれないことも、
世間体はまったく気にしていません。
ただ、”ハハは、ドンと構えて強くなければならない”と、
強がっている自分が居ることも理解しています。
だって、そうでもしないと自分を保てなかったりしますものね。


ここでは、素直に思ったことを言いたいです。
弱い自分が居ることも、周りからどう見られようとも、
毎日奮闘している自分の気の抜ける場所でありたいです。



改めて、学校が休みの日は本当に気が楽です。(笑)





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。