いつかきっと...

高校に入学して間もなく不登校になった息子
過敏性の症状が更に酷くなり、学校への違和感が増していき、とうとう単位を落とした
頭でっかちで口では大層なことを言うならば、世に出てごらん!
働く、ってことを知ってもらうべく、12月からアルバイトをすることになりました
”働くこと”と”カウンセリング”の様子をハハの備忘録として残します

謹賀新年

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします



息子は、大晦日、元旦、2日と、三連休でした。
私は、大晦日と2日が休みで、3日からずっと仕事です。( ̄_ ̄ i)



10日に、今年初めてのカウンセリングがあります。
悩みを相談、と言うより、経過報告、ってことです。


年末、またもや息子にツラッと嘘を付かれました。
直ぐばれるのに、って思う嘘と、
私も自分のことにいっぱいになっていて気付かず信じていたのに、
フッと「えっ?」と気付く嘘など、今までにも色々ありました。


今、カウンセリングは親子で一緒に受けます。
普段、息子からは聞けないようなことも先生は淡々と聞いてくれるので、
それで、思ってることや考えてることを知ったりしていたのですが、
最近、また一緒の診療に疑問符が付くようになりました。


一緒に病院へ行く、ってことに、直接的な意味は無いかもしれないけれど、
息子と2人で行動することに意義があると、自分を慰めていました。


この辺の所を、次回は個人的に場を持ってもらって聞きたいと思ってます。
高っかい交通費掛けて、意味も、意義も無いんじゃ話しになりません。
親の居る前では、所詮、触れられたくない部分はダンマリですし、
適当にいいように話している節が多々見受けられます。
私に疑問符が付くようじゃ、カウンセリングの意味が半減です。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。