いつかきっと...

高校に入学して間もなく不登校になった息子
過敏性の症状が更に酷くなり、学校への違和感が増していき、とうとう単位を落とした
頭でっかちで口では大層なことを言うならば、世に出てごらん!
働く、ってことを知ってもらうべく、12月からアルバイトをすることになりました
”働くこと”と”カウンセリング”の様子をハハの備忘録として残します

今年初のカウンセリング

真は、札幌駅前のハトたち。
今日は最高気温もマイナスで、おまけに軽く吹雪く始末。
みんなまんまるになって壁際に寄り添ってました。
ここはロードヒーティングになっているので雪は無いんですよね。
何枚か写真を撮っていたら、中央くらいにこっちを向いてるハト二羽が
餌をくれると思ったらしく物凄いスピードで走ってきました。(笑)
続いて、続々と走り始めたので、餌も持ってないし期待させるだけなので
かわいそうでその場を直ぐに去りました。(^_^;)

とにかく、”鳥”が大好き! フォルムが堪らない♡



さて、今日は今年初のカウンセリングでした。
最近、一緒に受ける診察に意味があるのか....と疑問を感じていたので、
今日は個別に話を聞いて貰おうと思っていました。


ところが、バスの時間になっても起きてこない!
昨日は友達と出掛けるからと、目覚ましを掛け、目覚まし数回で止め、
7時くらいに起きてきたのには驚いた。


今朝は早目に声を掛けていた。
私だって、わざわざ休みを貰っているのだ。
一日たりとも無駄には出来ないさ。


しかし起きてこない。
カウンセリングに通い出してこんなのも初めてで、
断りの電話を入れたところ、「先生が『待ってるよ』と伝えて欲しい」と。


「予約時間に間に合わなくてもいいので、いらして下さい」と
受付の方にも言って頂き、ありがたいな、って。



それらを伝えたところ、しばらくして起きてきて、シャワーを浴び出した。
「行くんだ....」と思った。


先生は、診療時間内の16、17時まででも、と言って下さったが、
本来、火曜日の今日は診療外の日なのだ。
受け持ちである月曜日の昨日が祝日だったので、特別枠を持っていた。
そこへ入れて貰っていた状況だったんですよね。
また、息子も夕方からバイトが入っていたので、のんびりはしていられず。
とにかく、支度が出来て、「これから向かいます」と一報を入れ家を出る。


希望通り、個別に話を聞いてくれた。
今回は最初に息子が入り、次に私が入り、最後に2人で受けた。




つづく


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。