いつかきっと...

高校に入学して間もなく不登校になった息子
過敏性の症状が更に酷くなり、学校への違和感が増していき、とうとう単位を落とした
頭でっかちで口では大層なことを言うならば、世に出てごらん!
働く、ってことを知ってもらうべく、12月からアルバイトをすることになりました
”働くこと”と”カウンセリング”の様子をハハの備忘録として残します

自論が強い子2

小学校高学年。
男子から意地悪的なちょっかいを掛けられるようになる。
歩いてる所にいきなり足を出されて転ばされるとか、
後ろからいきなりど突かれるとか、
相手はふざけて遊んでるのだろうが状況的にはとても危険。
言い返したり、やり返すと何倍にも返ってくるので
それこそが煩わしくて面倒になった息子は黙って我慢。
それをいいことにまたちょっかいを出される。


普段はひたすら耐えて我慢をしている息子だが、
それも限界が来ると半端無い怒りで強く反撃に出る。
堪りに堪っているのだから気持ちはとても理解できるが、
それこそ、原因は相手にあっても怪我をさせてしまえばこちらが悪くなる。


そんなちょっかいに、周りで見ていた女子たちから声が上がる。
直接担任に言えないけど、母親に息子を擁護する声が。
個人面談の時、「実は他のお母さんから心配の声を頂きまして」と担任。
こちらもちょうど話したいと思っていた時で、
それから何度と、担任と話すべく学校に通った。


当時、泣いて帰って来ることもあった。
聞いても「言いたくない」と頑なに言わない子だった。
気持ちが落ち着いた頃、あの時何があった?と問うても、
「思い出したくも無い」と言い、本人の口から聞くことはまず無かった。


色々ある度、担任から相手に指導が入る。
息子がそんなに嫌がっているとは思っていなかった相手は、
本当にからかい半分だったらしく、それから手を出してこなくなった。
逆に、まだやんちゃでちょっかいを出してくるヤツから
かばってくれたりする様にもなり、少し安堵もした。


小学校時代。友達との関わりに本当に色々あった。
でも、一度も「学校へ行きたくない」と言ったことは無い。
息子の様子を見つつ、逆にこちらの方から、
「たまには休んでもいいんだよ」と言ったほどだ。


この時、実は自分が思っているよりずっと、
”メンタルの強い子だ”と思ったんだよね。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。