いつかきっと...

高校に入学して間もなく不登校になった息子
過敏性の症状が更に酷くなり、学校への違和感が増していき、とうとう単位を落とした
頭でっかちで口では大層なことを言うならば、世に出てごらん!
働く、ってことを知ってもらうべく、12月からアルバイトをすることになりました
”働くこと”と”カウンセリング”の様子をハハの備忘録として残します

ドカ雪にやられました...




今朝、カーテンを開けると......





えっ、(゜∀゜;) 嘘でしょ.....






上の画像、実は去年のもの。
こんなことになってるとは露知らず、今朝は普通に起きてギャーッ(#゚ロ゚#)となって、
これは店がヤバイ!!と大慌てで出勤準備になったので写真撮ってる暇ナシ!


雨と違って、音がしないので夜に気付かないんですよ。
たまたまカーテンの無い小窓に雪のシルエットが映ってたり、
小窓の外がオレンジ色になっている時は大雪のサイン。
降りしきる雪に外灯が反射して、町中オレンジ色になります。
幻想的で確かにキレイなんだけど、
翌朝のことを思うと浸ってばかりいられないのが北国の現実です。


アパート住まいですが、一階が車庫なので、玄関まで十段ほどの階段があります。
(我が家は車を持っていないので物置です。(^=^;)
今朝は、下二段が軽く雪で埋まっていました。
(これ、吹雪の時は全部の階段が埋まっています)( ̄Д ̄;)
雪はまだわさわさと降っており、降り出しの雪(この時期)は湿っているので重い!
やっと路面が見えたと思ったら、降った雪の下はシャーベット状。
そりゃそうですよ。
昨日は午前中は雪がしんしんと降り続け、昼過ぎから雨でしたから.....
その上にこの大雪ですからね~。


国道は”そろばん道路”で、ガタガタ、ノロノロとみんなスピードを出せず
なんとなく渋滞していました。


冒頭に書いた”店”とは、パートで勤めている某ファミレス、私の職場。
私は早出出勤が多いので、7時過ぎには出勤。(子供より早いのがネック)
当然、降り始めの(季節始めの意)ドカ雪に、雪国とは言え
除雪が追い付いていないはず。
案の定、国道はともかく、枝道に除雪は入っておらず、
轍を歩いたり、誰かが歩いてくれた足跡を辿る”獣道”の通勤路は、
思った以上の時間が掛かった。
だって、膝まで雪があって、膝丈の長靴でも雪が入るくらい。


何が大変って!


店の 駐車場の除雪は人力だ、っていうこと!!
3年くらい前までは、ブロック全店、業者を入れて契約していたのだが、
経費削減で業者との契約を止め、系列の部署から派遣されて除雪業務をすることに。
しかし、当店だけは遠方にあるということで派遣されないという例外。


朝、店の立ち上げは、アラフィフの主婦のオバチャンばかり。
当然、店の立ち上げ、仕込みをしなければならないのに『除雪』が加わる。
機械じゃないんだから、アレもコレもって、無理だから~。(ToT)
もぅ、オレ様テンチョーにはわからないかもしけないけど、
歩道に除雪も入っていない、駐車場は大海原みたいな現実を一度でいいから見て!!
どこから手を付けよう...な途方にくれる状況を、一人でまず始めるんだよ。
アンタが来る頃には、歩道に除雪が入り、朝の2人とか3人のメンバーで、
取り合えず収納のトラックが入る場所を作るだけで精一杯。
あまりの雪深さに、今朝は出ようとしたトラックがアズッて出られない。
国道に出るのにカーブがあって見えないから誘導していた私は、
当然「押す」ことなんてできないから、タイヤ下の雪を掻くしかできない。
お客さんが入ることもできないほどの情況で、
店長に除雪ヘルプの連絡をいれたものの、電話から二時間以上経って到着。
一緒にやって、やって、と言うけど、我々、店の立ち上げ放り投げて除雪してきて
今上がってきて通常業務に戻り掛けたところだ。
昼から出勤のメンバーで一緒に除雪していた一人に、
「みんなもっとできないの?」とこぼす不機嫌な店長。
彼女はスタメンの一人で、もぅ朝の大変さは嫌でも知っている責任者の一人。
我々の大変さをフォローしてくれたらしいが、
文句を言う前に現実を知ってくれっ!!って思う。



あーーーー、ごめんなさい。
「ドカ雪が凄かったのよ、今日の札幌」って程度の記事を書こうと思って、
飲んでるうちにだんだん怒りが込み上げてきてしまった。(^_^;)



今、肩と、腕と、腰に貼った湿布の香りに包まれています...:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



明日は息子の診療日です。(´_`。)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。